ぺろり.net

http://perori1083.blog59.fc2.com/

カウンター

 

moonage

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

2007. 12. 12

ぶらり2人旅 癒しの温泉<別府~由布院~博多> 1日目

暮れの足音も近づく12月某日
日ごろの自分へのご褒美に(変な言い訳^^;)
2泊3日ぶらりと九州を旅行してきました。

九州へは大分空港IN
高速バスに乗り継いで別府市内へ
別府駅
↑右側のドーム型のモノは手湯
さすが湯の街別府、駅前ロータリーにいきなり温泉とは!

さて別府と言えば、有名な地獄めぐりを…と言う訳で
地元の観光バス(亀の井バス)が運営している定期観光バス
地獄8ヶ所めぐりAコースで攻めてみました

海地獄
↑海地獄
コバルトブルーの涼しげな温泉でも、温泉は98度ですと

鬼石坊主地獄
↑鬼石坊主地獄
ボコっのタイミングとカメラのシャッタータイミングが合わず
小さい坊主で残念…

山地獄
↑山地獄
岩の隙間いたるところからお湯と湯気が吹き上げる迫力の地獄
半分は、温水と床暖房で飼育する動物園状態
昭平君
↑カバの昭平君はエサくれくれendlessの食いしん坊なオチャメさんでした

かまど地獄
↑かまど地獄
ちょっと趣味の悪い鬼が出迎えてくれる地獄
温泉は90度ですと
強烈なスチームで毛穴が大解放状態(笑)

鬼山地獄
↑鬼山地獄
土地の名前が鬼山というのだそうです
温泉を利用してたくさんのワニを飼育している
写真はワニさんが全員こっちを凝視しているようにお見えますが
昼間なので、実はオヤスミ中です ご安心を

白池地獄
↑白池地獄
存在そのものがすごーく地味だった(笑)
噴出時は無色透明なのだそうだが池に注ぐと
温度と圧力の低下で自然に青白くなるのだとか。うーん自然の神秘だ

血の池地獄
↑血の池地獄
言わずと知れた、かの有名な地獄 名前も怖いしね
ここから産出する赤い粘土で皮膚病に効く”血の池軟膏”が生産されています

龍巻地獄
↑龍巻地獄
一定の間隔で熱湯と湯気が噴出する間欠泉
まるでラスベガスの噴水ショーのような…ウソ
温泉という地味なカテゴリーにしてはエンターテイメント性抜群でけっこう楽しめました

…てなわけでガイドさんつきのコテコテ観光バスだったのですが
これがとってもローカルな感じで、温泉旅行の風情にぴったり
意外に楽しめちゃったのね(笑)
そうそう、別府の地獄めぐりで買い食いするなら
海地獄の入り口売店で売っている
指先でつまめる極小のお饅頭極楽饅頭
地獄蒸しプリンをお忘れなく~
極楽饅頭

地獄蒸しプリン
いずれも天然温泉の高熱蒸気で蒸してあるのだそうです

さて、慌しくも別府を後にして
今夜のお宿がある由布院へ向かいます
ゆふいんの森号
↑リゾート特急ゆふいんの森号
内装もとても凝っていて素敵な電車でした

ゆふいん駅は改札がないという斬新な造り
駅員さんが丁寧に1人づつ検札するのです
ゆふいん駅

一番ホームには足湯があるのですよ~
電車の待ち時間に足湯って楽しい体験かも
ゆふいん駅ホーム足湯


そして今夜のお宿は、駅から徒歩約10分
ちょうど駅と金鱗湖の真ん中くらいに位置するはな村さん
(街あるきのアクセスがとても良かったです)
はな村

お部屋はメゾネット式の和洋室 ひろびろ&清潔でとても快適でした♪
由布岳
↑お部屋から湯けむりと由布岳を一望
お料理もとても美味しかった
そしてなんといってもお風呂は天然温泉100%
お肌ツルツル~
やっぱ温泉サイコー
自分へのご褒美満喫でした



ながながと、旅行記お付き合いいただきありがとうございます
2日目以降も後日アップしますね

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://perori1083.blog59.fc2.com/tb.php/136-66ae6c4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

プロフィール

ぺろり

Author:ぺろり
只今、腰痛症のリハビリ中デス

 

コナさんのお誕生日

 

リンク

 

ド~ナツ同盟♪

コナバナー

 

お友達集まれ♪

ドーナツ同盟