ぺろり.net

http://perori1083.blog59.fc2.com/

カウンター

 

moonage

 

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

2015. 05. 28

術後13日 (術後約2週間)

手術後はじめての遠出
仕事の用事で市外へ出かける@電車

お腹の痛みはもう何もしなければ無いです
痛み止めはもう飲んでません
傷口に負荷がかかると痛いですが・・・
なのでまだ怖くてGパンは履けません
人にぶつかったりカバンがぶつかったりするのが嫌だなと思い
腹帯をしてマキシロングワンピースで仕事に行きました。

駅から目的の場所までは歩いて15分程度なのですが
体はまだっけっこう疲れやすく
途中で立ち止まって休みながら歩きました

2015. 05. 24

ローズガーデン

ご近所にバラ園があり、今が見頃と聞いて
コナさんとお散歩がてらはじめて見に行ってきました
20150524-1

20150524-2

20150524-3

でね、今日は私ぺろりの誕生日だったの
そしたらいつものお花屋さんから真紅の薔薇を1輪
プレゼントしてもらったんだ
20150524-4
薔薇ずくしな本日でした(^^)


2015. 05. 22

手術までのこと

2010年3月
記憶にある最後の疝痛発作(おそらく)
(これ以前にも何度か、原因不明の腹痛?胃痛?があった記憶アリ)
夜中じゅう息を吸っても吐いても痛くて痛くて汗だく
救急車呼ぶ?とか思ったけど、でもたしかその前の月に
相方が酔っぱらって風呂場で転倒、気を失ってそのときに救急車を呼んだので
またあの家か!とかなるのぜったい嫌だったし(-_-;)
それでなんとか根性で朝まで痛みをこらえたんだ。
翌朝、念のため近くの内科にかかってみると
「どうやら症状からして胆石の痛みに違いないので
近いうちに大きい病院で受診しなさい」 と言われました。
でもすっかり痛みがなくなっちゃったのと
まさか自分が~??? なんて思ってそのまま→放置

2012年6月
会社の人間ドックでエコー画像にはじめてソレ(胆石)が写る
検査結果:胆嚢結石
コメント欄:胆嚢コメット様エコー像(要再検査)

あ、あこれやっぱアカンやつかー(-_-;)
じつは、ぺろり父も胆石摘出してるんですよ
だから2010年の発作のとき、ソレかなーってうすうす思ってたんですけどね
とうとうエコーに写っちゃったんです
でも、コメットってことは石が細かいわけでしょ?
だからまだ大丈夫なんじゃない?
と勝手に判断→放置

2013年6月
会社の人間ドックで1年ぶりエコー検査 やはりソレ(胆石)が写る
検査結果:胆嚢結石
      :胆嚢腺筋腫症(疑)
コメント欄:要再検査

しかも、なんか病名増えてるし(-_-;)
ようやく再検査を受ける覚悟を決める

2013年11月
再検査で外科医より
「手術を受けるレベルの胆石症」との診断
ガーーーーン  (゚口゚;)マジデ?
腹切りなんて嫌だよ~
まー実際のエコー画像に写ってるしね、間違いないわけで
それで手術を視野いれた今後の治療を最寄の大学病院ですることに決めた。

2013年12月
某大学病院にて初診
腹部エコー/CT/MRI
検査結果:胆嚢結石
      :胆嚢腺筋腫症

ちょっと大きめの石が2個みえるのと
それ以外にコメット(砂利様)の石が胆嚢の1/3程度溜まってる状態
やはりこちらの大学病院でも
「過去に疝痛発作を経験してるので手術による摘出が必要なレベル」との診断。
ただしこの主治医があまり積極的に手術を勧めるタイプではないのと
わたしの症状(*)からして緊急性が低いのでしばらく様子見することに。

(*)2010年3月以来、ラッキーなことにそれらしい激痛に遭遇してないのです
まぁ、胆石を意識してからは油もの控えるとか日々それなりに節制してましたからね
痛いの嫌だし(^_^;)

2014年8月
会社の人間ドック(腹部エコー)にて
検査結果:胆嚢結石
      :胆嚢腺筋腫症(疑)
      :総胆管拡張

あれれ、総胆管拡張って、なんか今までと違う状態に???(´Д`|||)

2015年3月
8月の総胆管拡張が気になってたし
大学病院で経過観察となって1年経過したので再検査
腹部エコー/CT/MRI
検査結果:胆嚢結石
      :胆嚢腺筋腫症

ちょっと大きめの石が3個みえるのと
それ以外にコメット(砂利様)の石が胆嚢の2/3ほど溜まってる状態
あれ~なんか、素人の私がみても明らかに石ちゃんたち増えてるやーん (T△T)
ということで→手術決定

2015. 05. 21

術後6日目 (術後約1週間)

職場に復帰しました

徒歩5分通勤&デスクワークです
しかも服装はカジュアルOK

歩いたりして振動があるとまだ内臓全体と術創が痛いので
痛み止め(ロキソニン)は飲んでます
服(ジーパン)のウェスト部分が当たったりするのも痛いので
腹帯してゆるっとしたロングのワンピース(マキシスカート)で
仕事に行きました

久しぶりの仕事、やっぱり8時間勤務は疲れたな―(^_^;)

2015. 05. 21

退院しました

手術、予定通り終わりました~
本日より仕事にも復帰してます
まだ、飛んだり跳ねたり走ったりできないし
咳やくしゃみでイタタタ~ってなりますが
体調はすこぶる良好です!(^^)!
取り急ぎご報告まで

PS  コナちも元気です♪
201505kona

2015. 05. 18

術後3日目 (入院5日目)

今日は退院予定だ

06:00 起床・検温・採血
朝起きたら、ずいぶんお腹の痛みが和らいでる~♪
なんか昨日よりすごくスッキリしてるよ、自分
ロキソニンが効いたのと痛みに馴れてきたのかな

08:30 朝食
day5_morning
朝ごはんは今日も地味なんだな

09:00 回診
今朝の採血も問題無しとのこと
今日退院OKです、と
ヤッター
病棟の先生に術創のガーゼをはがしてもらう
もうテープしかついてない
(腹帯はまだ巻いてます)

10:30 退院
妹が迎えにきてくれた
病棟の看護師さんに挨拶をして帰宅

まだ術は痛むけれど(くしゃみや咳が一番嫌(>_<)
家事一般の動作をするには支障ないです
家に帰って一休みしてから、洗濯物なんかを片づけた
ほんの丸一日寝たきりだっただけだけど体力は落ちたみたいで
疲れるな~
夜ごはんのおかずを母がもって来てくれた。助かります、母アリガトー

家に帰ってきて安心したのか家に帰ったとたん術後はじめてのお通じアリ
退院時に看護師さんから「次の外来診察まではシャワーのみOK」と言われたので
シャワーも浴びました
でもまだ術創にバシャバシャお湯を掛けるのが怖かったので
前かがみになってお腹にお湯がかからないようにシャワーを浴びました^^;
だって、わたしビビリーなんですもの

夕食後にロキソニンを服用して就寝

続きを見るのページにお腹の写真貼っときました
恥ずかしーけどー
ずんどうだけどー
これも記念っちゅうことで(笑)

続きを読む »

2015. 05. 17

術後2日目 (入院4日目)

06:00 起床・検温

08:30 朝食
day4_morning
地味な朝ごはんだな
てか、ご飯200gて相変わらずおおすぎ

09:00 回診
術創の炎症なく術後順調
今日は昼までに点滴と背中の麻酔をはずしますと

10:30 硬膜外麻酔がはずれる
11:00 点滴がはずれる
やったー全部の管がはずれたー
自由の身だ~
そして今日ももりもり歩くぞー
午前中に病棟3週も徘徊できたしね
順調♪順調♪

12:00 昼食
day4_lunch
わーいクリームシチュー大好き!
パンは食べれなかったけどごぼうサラダもゼリーも大好物
調子に乗ってモリモリ食べる

13:00 再び痛みが・・・
全ての管がはずれてお昼もモリモリ食べれたし
午後もまたたくさん歩くぞーと思ってたら
うーんなんだか腹が痛いかも…
いや、これ痛いな、歩くのシンドイ でベッドに横になる
硬膜外麻酔が取れたそのおかえしの痛みっぽい
点滴ももうはずしちゃってるので
ここからは飲み薬の痛みどめ(ロキソン)を服用
でも硬膜外麻酔ほどの効き目はないので
ロキソニンを服用しても腹全体と術創、左肩が、いたーい
気合いで夕方~夜も病棟を徘徊

18:00 夕食
day4_supper
痛みは多少ひいているものの
まったく食欲が湧かない
ほとんど食べられず・・・(里芋の煮物だけ食べた)

21:00 就寝
寝る前に再びロキソニンを服用して就寝
はーこれで明日ほんとに退院できるんだろうか・・・

2015. 05. 16

術後1日目 (入院3日目)

院内の空調が冷房に切り替わって無くって暑かったー
夜中に氷枕を入れてもらって暑さをしのいだ

06:00 起床・採血・検温・血圧測定
05:30頃だったか、寝ぼけまなこのうちに採血
苦手な左手だったけど(右は点滴いれてるので、血液の濃度が薄まっちゃうんだって)
さすが看護師さんは慣れてるので一発OK
「出にくいねー」なんて言いながらもしっかり採っていかれた

07:30 歯磨・洗顔
クラークさんに手伝ってもらい
歯磨きはベッドで蒸しタオルで顔を拭きました
そしてお待ちかねのお水~♪やっと飲めた~♪
喉のイガイガはかなり和らいでいる
腹と術創は、まー痛いが耐えられないほどでは無い。

08:30 回診
・病棟回診
執刀の先生がとても丁寧に縫ってくださってたので
綺麗に着くと思いますよーですって!
(皮膚は縫わず、筋肉部分のみ溶ける糸で縫ってます)

・執刀チーム回診
術後すべて順調 問題なし、と スーパーあっさり回診^^;

・・・にしても気持ち悪いので
「痛いのは耐えられないほどではないけれど気持ち悪いのがシンドイです」
と言ってみると、おそらく麻酔のせいなので
あまりきつかったら吐き気止めを追加できるとのこと

10:00 清拭・着替・尿道カテーテルを外す
マッサージ機を外し、弾性ストッキングからも解放♪
「弾性ストッキングもって帰る?」って聞かれたけど
長くて使いにくいしメディキュットもってるので破棄してもらうことにした
看護師さんに蒸しタオルで全身を拭いてもらう
おシモの方も石鹸で洗って頂いて…(〃▽〃)
恥ずかしいやら申し訳ないやら~ありがたいです
そして、尿道カテーテルも外れて、さーっぱり!!!
身軽になったなー☆あと残すのは点滴と硬膜外麻酔の管だ

11:00 歩行練習
約28時間ぶりに歩きます
看護師さんに補助してもらいながらまずはベッド脇に立つ
頭がフワフワ~クラクラ~
ゆっくりと部屋を出て廊下を10メートルほど歩く。
近くを見てるとクラクラがキツイのでなるべく遠くをみる
んだけど、腹が痛いのと気持ち悪いので前かがみになっちゃう
点滴のスタンドが杖代わり。おばあちゃんみたいだ

看護師さんの指導で、転倒にくれぐれも気を付けて
午後からは無理のない範囲でできるだけ運動する(歩く)ようにと
動いて呼吸をたくさんすることで傷の癒着を防ぎ、
痛みの軽減と傷の治りも良くなるのだそう

11:30 レントゲン撮影
まだスタスタ歩けないのでクラークさんに車いすを押してもらいレントゲン室へ
このクラークさんの車いすを押すスピード感についていけず
さらに気持ちが悪くなる。乗り物酔いか?
レントゲン室では、立ったり横になったり撮影するのがしんどくて
病室に戻った時には吐きそうなほどになっていた

12:00 昼食
day3_lunch
昼から解禁のご飯が用意されていたが気持ち悪くて食欲なし
吐き気止めの点滴を追加してもらう
30-40分横になっていると薬が効いて急に食欲が湧いてきた!
で昼食に手をつけるも
おかずがいきなり豚の生姜焼きとは、、、さすがにムーリー(-_-;)
なので、ポテトサラダだけ食べた

13:00 歩行訓練強化
妹がお見舞いにきてくれたーアリガトー
吐き気もおさまり、しょーもない話をしてずいぶんリラックスできたな
左肩の痛みと腹部全体が痛い
少しでも和らげたくて相方に付き添ってもらいながら歩行を再開

18:00 夕食
day3_supper
鮭フライが生臭くって駄目だった・・・^^;
またまた半分しか食べられず

20:00 歯磨き・洗顔
歯磨きも洗顔も個室の洗面台でひとりで出来るもん♪(笑)
そして再び夜の病棟徘徊(笑)

21:00 就寝
持参した文庫本を読んだり、友達とメールしたり
なんだか余裕が出てきたぞー

2015. 05. 15

手術日 (入院2日目)

いよいよ胆嚢摘出の手術です
 
06:00 起床・検温・血圧測定
看護師さん「今日はこれからちょっと色々忙しいねー」
はひー緊張してきたよー
バタバタする前に歯磨きを済ませる

07:15 レシカルボン座薬使用
前夜に服用した下剤(プルゼニド錠)でだめだったので
座薬でお通じを。。。(〃▽〃)

08:00 点滴ルート確保
水分・エネルギー・抗生剤を入れるための点滴を準備
担当したのは今年の4月に入ったばかりの研修医でした
わたし、左腕の血管があんまり出ないんですよ
でも彼のペースでやった方が良いのかなと思って黙ってました。
あとやっぱ、右利きなんで左でとれたらそれの方が良いなと思って。
でもね、やっぱり左はだめだった…ε-(;-ω-`A) フゥ…
グイグイ入れ込むんだけど、あーこれ外れたなって分かるわけですよこっちは。
でも入れてる方は必死だから外れてるのわからずにさらにグイグイやってくる(´Д`lll)
スッゲー痛い!!!
で、点滴をおとすんだけど外れてるから落ちないよね
でやっとこさ気づくっていう…(´д`)
そのうち私のほうが目の前真っ白になって気持ち悪くなったのでベッドへ横になる
針抜いたら流血だしね、ベッドまで汚れるし。
そしてもう一回やり直しさせてくださいって…(´д`;;
研修医がバタバタとやり直しの準備している間にも時間は刻々と迫る~
彼も焦ってたんだろうな
そしたら見かねた上の医師が入ってきて右手にルートを確保してくれた。
(廊下で研修医を観察してるんだねー)
もちろん、一発OK!↓
day2-1

研修医、怒られてましたけどねー┓(;´_`)┏
試練だがんばれ!そこで怒っている先輩医師だって
若い時はたくさん失敗もしたであろう(笑)

そうして血栓防止の弾性ストッキングを履き↓
day2-2
弾性ストッキングいうのは医療用のメディ○ュットみたいなのです
外国製なので長めなんだとか(笑)
これ、太ももの付け根くらいまであります
女性なら普段も家でメディ○ュット履き慣れてるる人は苦ではないでしょう
男性はこの締めつけ感嫌う人多いかも

手術用のガウンに着替える。これで準備完了。
指輪・ピアス・イヤリング・ヘアピン・つけまつげ・ウィッグ・マニキュア・つけ爪etc
身につけるものは全てNG
ちなみにガウンの下はスッ○ン○ンです(〃▽〃)

08:40
無事準備完了したところで相方が病室にやってきた

08:50 手術室へ移動
看護師さんから「歩いて行く?車イスで行く?」と。すると相方が
「滅多に乗る機会無いんだから車イスにしたら?」と言われ
車イスで移動した
歩いて行ったら逃げ出しちゃうかも知れないしね(´∀`;A
そして関係者専用のEV前で相方とバイバイ
中央手術室へ向かった

たくさん手術室が並ぶこのフロアはひんやりしてて消毒薬の臭いがしてた
フロアに入ってすぐの5番手術室
5月生まれだしね、5は好きな数字だよ
わたされた手術用のキャップをかぶり
手術室の前で、名前とID、手術内容を確認します
気がつけば、担当する看護師さんは全て女性スタッフだ
ちょっとしたことだけどいろいろ考えられてるなーと感心

手術台へ
看護師さんに誘導され
ストレッチャーくらい?の幅の狭い手術台へ
スリッパを脱いで自分で上がります
上がったとたんすごい速さでガウンが脱がされたかと思うと同時に
これまたすごい速さで全身に何枚ものタオルがかけられました
(少なくとも意識のあるうちは)スッ○ン○ンを誰にも晒されない安心感(*^_^*)
そしてこれまたすごい早さで心電図の機械やら、
指先に血中酸素濃度を測る機械やらをつけられました
とてもシステマタイズされていて凄いな~とこれまた感心
まーノロノロ準備なんてしてたら手術前の患者に
余計な不安感を抱かせちゃうかもしれないしね
そういえば、手術室のBGMがミスチルだった、誰かの好みなんだろうか?
ポッポッポッポッポって聞こえるのは・・・
あぁそっか。自分の心音か。

硬膜外麻酔
再び看護師さんに誘導されて
こんどは横向きに寝て海老のようにまぁるく背中を丸めます
「お臍みててねー動かないでねー」
「背中に消毒薬かけるよー冷たいけど動かないでねー」
「もう一回消毒薬かけるよー動かないでねー」
「細ーい針で皮膚に麻酔をするよーチクッとするけど動かないでねー」
!!!チクっとするー!!!(でも痛い程では無い)
「はい、これから麻酔の針入れるけど痛くないから動かないでねー」
「はい次に針入れるけど、もう痛いのは無いから安心してねー」
「今入ったよー」
「ちょっとドンっと背中を押されるような変な感じがあるけど痛くないから我慢してねー」
ドンっとされる感じがあって”うっ何この感じ”と思わず呟く
「はい終わり― お疲れ様 仰向けになってー」
で仰向けになる。酸素マスクを掛けられる。
「酸素だから、深呼吸しててねー」

全身麻酔
そしていよいよ全身麻酔です
「じゃぁね今から麻酔入れるよー」
いよいよだ!
「腕が冷たくなる感じがして10くらい迄数える間に寝ちゃうからねー」
(と麻酔医が言ってたがドラマの様に麻酔医が数字を数える訳では無い)
あらー、ほんと腕が冷たいなぁと思って
頭の中で3くらい迄数えたところで意識消失したのでした

11:20 覚醒
誰か数人と何かを話し合ってる夢を見ていたような…
もしかして夢じゃなくて覚醒の途中で医師や看護師が話してるのを感じてたのかも
その夢(?)の最中で、肩をポンポンポンと叩かれる
「○○さーん終わりましたよー」
うーんまだ寝てたいよー
うっすら目を開けたらその方向に時計があった。11時20分だ。
なんだっけ?なんだっけ???
そうだ、手術したんだ 自分! と急に思い出した
「深呼吸して―」
って言われても喉が苦しくて息が出来ない
苦しいアピールで頭を左右に振ったら
スルスルと喉から管を引き抜かれ
ゲホゲホしながら呼吸ができるようになった
すぐに酸素マスクつけてくれましたけどね
ゲホゲホしたら、腹が痛い!喉が痛い!
なんか、体に変な力が入ってしまうーーー
あらためて手術が終わったことを自覚する

その後、看護師さん達が手術台からストレッチャーに移してくれて
ベッドのまま病室へ戻りました

病室に戻ると暫くして、手術の説明を受けた両親と、相方が入ってきた
「やっぱりこのタイミングで今手術しておいて良かったよー」
「すごい一杯入ってたんだね一つは胆道にあったらしい」
「良く発作起こさないで居られたね」
と母、涙ぐんでる???
こっちは、麻酔のせいで?頭がもうろうとしているのと
喉がイガイガ痛くてせき込むと腹が痛し、水飲めないし…
返答するのが面倒臭い
傷は硬膜外麻酔のせいか思ったよりかは痛くない、いや痛いんだけどね^_^;
あたまが朦朧としてる方が強くてシンドイ
目が回るって程ではないけどぐるぐるしてる
二日酔いみたいな感じで気持ち悪い
「予定どおり腹腔鏡でできた?ドレーンはついてない?」と聞くのが精いっぱい
母によると予定どおり腹腔鏡で切除できたし、ドレーンはついて無いそうだ
よかったー
ホッとして気がつくと
酸素マスクと点滴のほかに硬膜外麻酔の管
あとフットマッサージャーと尿道カテーテル
いつの間にか紙オムツしてるし!
朝着てたガウンを着せられてる!!
あぁ、そっかー看護師さん達ありがとう
点滴と麻酔のボトル↓
day2-3

フットマッサージャー↓
day2-4

※尿道カテーテルの写真は自粛します(〃▽〃)

安心して夕方まで眠っていた
前日あまり眠れなかったせいなのか麻酔のせいなのかすごーく良く眠った
ていうか、寝るしかやること無いし(^_^;)

18:00 酸素マスクがとれる
血中酸素濃度も落ち着いているので酸素マスクをとってもらう
マスクがとれてお水を飲みたくなったけど、明日の朝まで禁止(>_<)

体中に管がついているけど寝がえりは出来なくは無い
少しずつ体を動かして可動域を確認する
右側は点滴と麻酔の管がつながってるのと傷口に負荷がかかるのが怖いので
寝がえりは左側ばっかり向いてました
マッサージ器が付いてるものの、さらなる血栓予防にと思って
足首を動かしたりすこーし足を上げてみたり
動かせる範囲で地味に体を動かす
傷口とおそらく胆嚢を切除した内臓の箇所は、うん痛ね確かに
けど、のたうち回るほどでは無い

↓続きを見る のページに
今回摘出した胆石の写真を載せませた(記念に(-▽-))
ご興味あれば、どぞ

続きを読む »

2015. 05. 14

入院日 (入院1日目)

13:00 入院受付
窓口で受付が済むと
別室で看護師さんのヒアリングを受けます。
いつものんでるお薬やサプリメントの有無、既往歴(家族含む)
性格はどうですか?まで
(若干潔癖症で神経質な面ありと正直に答えました)
この時点で不安なこと疑問なことを聞けるので安心です

それから、ここで翌日の手術開始時間~退院までの
おおよそのスケジュールが説明されました
私の出番は明日の朝一番 09:00~!

13:30
さて、お部屋へ入室した後ですが…
3月の手術を視野に入れた検査でMRI、腹部エコー、肺活量測定をやっているので
入院したこの日の検査は、採血と胸部レントゲンのみ
それから看護師さんにお臍のお掃除をしていただきました
このときに体毛のチェックをします(//∇//)
ギャランドゥーと太ももものヘアーが濃い目だと剃るそうです

私はお臍のゴマも無いしヘアーも少なく
看護師さん的には収穫が無くてつまらなかったかも(笑)

それ以外は医師や看護師から手術の説明と同意書サインばかりでこの日は終わり
たくさんの専門用語と脅し文句(笑)にびっくりしますが…
昨今、医療事故で病院や医師が訴えられるなんてこともよく聞くので
これも仕方ないですね
医師や看護師も毎回おんなじ説明するのに面倒だろうな、なんて思ったり・・・

<入院で持参したもの>
印かん
パジャマ、下着、靴下
タオル
ティッシュ、スリッパ
洗面用品
※紙おむつ2枚、腹帯
↑病院から指示があったもの。いずれも病院の売店で買いました。

ちなみに、私が入院したのは個室
ユニットバス(トイレ、シャワーのみ)独立の洗面台とソファーが付いていました
お部屋自体、ちょっとしたビジネスホテルより広いくらいで快適でした♪
day1_room1

day1_room2

day1_room3

18:00 夕ご飯
<脂質20>って言うメニューでした。
20は20グラムのこと???
あ、向こうに居るのは相方です(笑)
day1_supper

味はまあ、普通かな(^_^;)
てか、ふだんからご飯は100gくらいしか食べないので
半分ほど残す。ごめんなさい

20:00 入浴
明日にはこの腹から臓器が一個なくなってるか~
そしたら五臓六腑って言わないで
四臓って言うんかな~などとぼんやり考えたり
多分このあと退院するまでシャワーも浴びれないので
念入りに済ませる

21:00 消灯
個室だったので消灯時間の制約はうるさく無いです
看護師さんが部屋にやってきて
「適当な時間に眠ってくださいねー」と言われただけ
飲食はもちろんここから禁止
お水も00:00以降は禁止

22:00 就寝
下剤プルゼニド錠(ジェネリック名センノシド錠)を2錠服用

で、横になり23:00にはテレビも消したんですが
やっぱり寝れないですねー
何時間かおきに看護師さんが部屋を巡回するのですが
朝までその気配を感じてたしな~

そういえば下剤を飲むと朝方おトイレに行きたくなるかもって
看護師さんが言ったけど
お腹がごろごろ張るも、まったくもよおさず、、、でした

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

プロフィール

ぺろり

Author:ぺろり
只今、腰痛症のリハビリ中デス

 

コナさんのお誕生日

 

リンク

 

ド~ナツ同盟♪

コナバナー

 

お友達集まれ♪

ドーナツ同盟