ぺろり.net

http://perori1083.blog59.fc2.com/

カウンター

 

moonage

 

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007. 12. 31

伊豆修善寺のおいしかったぞー

そうそう、今回の伊豆旅行
修善寺でこんなのも食べました

朴念仁(ぼくねんじん)
bokunenji_1

自家製粉手打ちのお蕎麦
つなぎなし十割そばなのに麺が極細!
超美味でした。こちらは暖かい鴨ねぎそば
一足早い、年越しそば?(笑)
bokunenji_2

お店は竹林の小怪沿いなので
竹の眺めが清清しく、気持ちよいです
bokunenji_3


それから甘味もの
桂川沿いに立つ、一石庵
香ばしい黒米餅
issekiann_2

甘さ控えめがグ~なおしるこ
issekiann_1


いずれもおいしゅうございました
スポンサーサイト

2007. 12. 30

伊豆へ再び。。。

12月27-28日
急に思い立って、伊豆へ旅行してきました

行きは修善寺に立ち寄り
静かな山あいでマイナスイオンを満喫
071227_1

071227_2

今回のお宿もぺろりお気に入り”むつみ庵”さん
(前回の旅行記はこちら
071227_3

お宿の周辺の山は今みかんが真っ盛りでした
071227_4

むつみ庵さんは2度目の宿泊
コナさんもすっかり慣れたようで、、、お寛ぎですねぇ
071227_5

こちらはむつみ庵さんの看板犬
シェルティのエルくんとオスカーくん
071228_1

071228_2

071228_3

という話し合いでもしていたのだろうか?

そして帰りは白浜でお散歩
071228_4

波が苦手なコナさん、ちょっぴり不満気です(笑)
071228_5


前回の伊豆旅行は大雨でほとんどお散歩もできなかったんだけど
今回はお天気もよくって楽しんでこれました
むつみ庵さん しばらく我が家の定宿になりそうです♪

2007. 12. 25

自分へのプレゼントだーーー

ピアノ

レッスンに通っていた先生は
優秀な方だったのですがとても厳しいし
音大受験向けのレッスンばかりでした
そのうちにだんだんと
音楽=楽しいもの
でなくなってしまったのでした。

最近、また楽器に触れたいなぁ
と素直に思うようになりました
そんな自分にプレゼント

これからは
自由に楽しく弾きたいと思います
ブランクはのんびり戻せるでしょう(笑)

2007. 12. 24

Merry Christmas!

2007クリスマス

かぶりもの大嫌いなのに
無理やりトナカイに化けさせられて
ちょっぴりご立腹なコナさん

でも、このカッコでもうちょっと頑張って
お出掛けしなくてはいけません
24時間耐久クリスマス大会」に行く為です。

みなさんもご一緒にいかがですか?

2007. 12. 17

ぶらり2人旅 癒しの温泉<別府~由布院~博多> 3日目

さて、大人の修学旅行(笑)最終日は博多ナイトです!
博多

運河の街、博多は夜景が水面に輝いてました
博多を代表する大型ショッピングモール、キャナルシティーは
クリスマスイルミネーションでさらにキラキラ
キャナルシティ


そしてそして博多の夜といえば・・・屋台♪(オヤジと言わないで~)
中州の那珂川河川敷、春吉橋のたもとには赤ちょうちんがずらり
数ある屋台の一軒から、伸龍というお店で
念願の屋台デビューを果たしました
屋台1

屋台はMAX10名くらいが座れるのかしら…
私たちのほかに男性の5人グループと、
ちょっと年配のご夫婦とご一緒させていただく。
ビニールに覆われた屋台は意外に暖かく
うまいおでんとビールで上機嫌なのでした

そして、忘れてならないのが博多ラーメン!
屋台の2軒目は、ラーメンで〆ることに。。。(ホントにオヤジだな。。。)
ともちゃん1

ともちゃん2

ここのラーメン、ホントおいしかったです
実は、翌日に飛行機乗る前に
もう一軒別のラーメン屋さんにいったけど、
ここのほうがダンゼン美味しかった♪

というわけで、ながーい旅行記お付き合いありがとうございます。
駆け足の旅行でしたが、温泉を満喫し
由布院では大人の雰囲気でしっとりと過ごしたり。。。
残念ながら博多ナイトは雨に降られてしまって
2軒しかハシゴできなかったのですが
身も心も一杯満たされた大充実の旅行でした
アキちゃん、楽しかったね
3日間、どうもありがとう

近いうちにまた、博多ナイトのリベンジ旅行でも計画しようかな
すっかり博多の魅力にとりつかれてしまったぺろりなのでした

2007. 12. 16

絶品ロールケーキ

そうそう、由布院で忘れてならないのが
山荘無量塔が展開するロールケーキ専門店
B-Speakのロールケーキ
b-speak2

予約しないとゲットできないという噂だったのですが
たまたま夕方に通りかかると、予約分キャンセルが出た とのことで
小さいの、1個ゲットしてみました♪
食べてみて、ホントーに驚きです
ふわっふわっのカスタードを頬張ってるみたいで
口どけも柔らかで最高のロールケーキでした
b-speak1

食べれてラッキー

2007. 12. 15

ぶらり2人旅 癒しの温泉<別府~由布院~博多> 2日目

さて2日目は由布院散策
↓金鱗湖です
金鱗湖

自然との調和を目指して地元住民のみんなで
新たな観光推進をした温泉観光地由布院
街中のそこかしこに自然との調和というキーワードが感じられました
観光地でありながら落ち着いた街
おみやげ屋さんやレストランなども
こだわりのショップがたくさんありましたよ

鍵屋
旅館「亀の井別荘」の敷地内にあるショップ
私のお目当ては由布山麓に自生する柚を使って作る柚子練り
鍵屋2

お店の片隅でお母さんがたちがせっせと作っていました。
鍵屋3

この柚子練りをお湯にといて飲んだら風邪予防も。。。
私は喉が弱いので、とても重宝しそうです

ランチは同じ「亀の井別荘」の敷地内にあるレストラン
湯の岳庵にて
由布岳庵

茅葺屋根の民家にアンティークの調度品がセンス良く配されて
とても落ち着いた雰囲気でした
デザートのりんごのコンポートがとても美味しくて
ランチのお弁当だけでもお腹いっぱいだったのに
文字通り、別腹(ベツバラ)が作動して
しっかり完食してしまいました
りんご


そのほかのお店をポロポロと。。。
由布院市
由布院市

旅館「由布院 玉の湯」の敷地内にあるショップ
ここもセンスの良い雑貨やオリジナルの調味料が充実していました

アトリエときデザイン研究所
木製品の製造および販売 シンプルで手触りのよい食器がたくさん
木製のスプーンを買いました。
雑炊やおかゆには金属のスプーンより木製の方が
おいしくいただけます♪
アトリエとき研究所


由布院焼酎蔵
焼酎蔵

大分県内の蔵元から取り寄せる特産焼酎の店
ここで相方のお土産に焼酎蔵限販売という本格麦焼酎を買いました
普段、麦焼酎はあまり飲みませんが
この焼酎はクセがなくてとてもおいしかった♪




それでは由布院を後にして今日は博多まで移動です
車両は ゆふDX
昨日のゆふいんの森号とは違い
ボディーがえんじ色で展望車両があります
ゆふDX1

おっと、はみ出た
ゆふDX2

ここが先頭の展望車両
博多まで約2時間20分。。。けっこう長旅だったな~

2007. 12. 13

大分の郷土料理

由布院の朝は冷え込みが厳しい 2日目の朝は-6℃
2日目由布岳
朝もやの由布岳と由布院の街が美しいです


だんご汁
↑こちらは宿の朝ごはんに出た大分の郷土料理だんご汁
小麦粉で作った平たい麺を味噌仕立てのおつゆで頂きます。
関東でいうとちょうど ほうとう に近い感じ
やせうま
↑そしてこれはやせうまというおやつ
だんご汁の麺をきなこと砂糖でまぶしたもので
現在でもよく食べられているのだそうです

2007. 12. 12

ぶらり2人旅 癒しの温泉<別府~由布院~博多> 1日目

暮れの足音も近づく12月某日
日ごろの自分へのご褒美に(変な言い訳^^;)
2泊3日ぶらりと九州を旅行してきました。

九州へは大分空港IN
高速バスに乗り継いで別府市内へ
別府駅
↑右側のドーム型のモノは手湯
さすが湯の街別府、駅前ロータリーにいきなり温泉とは!

さて別府と言えば、有名な地獄めぐりを…と言う訳で
地元の観光バス(亀の井バス)が運営している定期観光バス
地獄8ヶ所めぐりAコースで攻めてみました

海地獄
↑海地獄
コバルトブルーの涼しげな温泉でも、温泉は98度ですと

鬼石坊主地獄
↑鬼石坊主地獄
ボコっのタイミングとカメラのシャッタータイミングが合わず
小さい坊主で残念…

山地獄
↑山地獄
岩の隙間いたるところからお湯と湯気が吹き上げる迫力の地獄
半分は、温水と床暖房で飼育する動物園状態
昭平君
↑カバの昭平君はエサくれくれendlessの食いしん坊なオチャメさんでした

かまど地獄
↑かまど地獄
ちょっと趣味の悪い鬼が出迎えてくれる地獄
温泉は90度ですと
強烈なスチームで毛穴が大解放状態(笑)

鬼山地獄
↑鬼山地獄
土地の名前が鬼山というのだそうです
温泉を利用してたくさんのワニを飼育している
写真はワニさんが全員こっちを凝視しているようにお見えますが
昼間なので、実はオヤスミ中です ご安心を

白池地獄
↑白池地獄
存在そのものがすごーく地味だった(笑)
噴出時は無色透明なのだそうだが池に注ぐと
温度と圧力の低下で自然に青白くなるのだとか。うーん自然の神秘だ

血の池地獄
↑血の池地獄
言わずと知れた、かの有名な地獄 名前も怖いしね
ここから産出する赤い粘土で皮膚病に効く”血の池軟膏”が生産されています

龍巻地獄
↑龍巻地獄
一定の間隔で熱湯と湯気が噴出する間欠泉
まるでラスベガスの噴水ショーのような…ウソ
温泉という地味なカテゴリーにしてはエンターテイメント性抜群でけっこう楽しめました

…てなわけでガイドさんつきのコテコテ観光バスだったのですが
これがとってもローカルな感じで、温泉旅行の風情にぴったり
意外に楽しめちゃったのね(笑)
そうそう、別府の地獄めぐりで買い食いするなら
海地獄の入り口売店で売っている
指先でつまめる極小のお饅頭極楽饅頭
地獄蒸しプリンをお忘れなく~
極楽饅頭

地獄蒸しプリン
いずれも天然温泉の高熱蒸気で蒸してあるのだそうです

さて、慌しくも別府を後にして
今夜のお宿がある由布院へ向かいます
ゆふいんの森号
↑リゾート特急ゆふいんの森号
内装もとても凝っていて素敵な電車でした

ゆふいん駅は改札がないという斬新な造り
駅員さんが丁寧に1人づつ検札するのです
ゆふいん駅

一番ホームには足湯があるのですよ~
電車の待ち時間に足湯って楽しい体験かも
ゆふいん駅ホーム足湯


そして今夜のお宿は、駅から徒歩約10分
ちょうど駅と金鱗湖の真ん中くらいに位置するはな村さん
(街あるきのアクセスがとても良かったです)
はな村

お部屋はメゾネット式の和洋室 ひろびろ&清潔でとても快適でした♪
由布岳
↑お部屋から湯けむりと由布岳を一望
お料理もとても美味しかった
そしてなんといってもお風呂は天然温泉100%
お肌ツルツル~
やっぱ温泉サイコー
自分へのご褒美満喫でした



ながながと、旅行記お付き合いいただきありがとうございます
2日目以降も後日アップしますね

2007. 12. 03

ごぶさたっ

かぁちゃんのお仕事がヒトヤマ超えたんだってさ
で、サッパリしようってことで
何故かワタクシσ(゚∀゚  コナ!!が カットされたよ???
20071202

ツルツルでビロードの肌触り
かぁちゃんが、頬擦りしてくるのがちょっとウザったい
今日この頃です

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

プロフィール

ぺろり

Author:ぺろり
只今、腰痛症のリハビリ中デス

 

コナさんのお誕生日

 

リンク

 

ド~ナツ同盟♪

コナバナー

 

お友達集まれ♪

ドーナツ同盟
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。