ぺろり.net

http://perori1083.blog59.fc2.com/

カウンター

 

moonage

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015. 06. 05

術後3週間

今日で術後3週間経ちました
すこぶる健康です♪!(^^)!

術後一週間くらいは、痛みどめ(ロキソン)飲んでましたが
それ以降はまったく必要無しでした。
ときどき体内の胆嚢があったであろう場所が
熱をもつような?じわーっとしたような?
変な感じがありますが、
痛くて耐えられないほどではありません。
体の右側面を下にして横になると傷口がちょっと痛いかな~
気になると言えば気になりますが、生活には問題無いです。
お通じは、時々ゆるくはなりますが
以前とあまり変化ありません。
食生活そのものは、いまのところ特別変化してないので
油ものはやっぱり避けます。
これはもう身についているみたい(^^ゞ
なので油っぽいものを食べた時どうなるのかは、
ちょっとまだよくわかりません。
術創のテープは昨日はがしてしまいました。もうカサブタです。
くっついた皮膚が内部の糸のせいなのか少し盛り上がって
しこりっぽくなってます。そのうち馴染むのかなぁ

昨日は、術後はじめての外来でした。
採血問題無し♪
筋腫症の細胞診の結果も悪性腫瘍は見当たらず
治療が完了となりました
あーこれで本当に安心して生きていけるな~と
やっと晴れ晴れとした気持ちになりました☆

ながながと続いた私の闘病記でしたが
どなたかのお役にたてれば幸いです(^^)

さて、余談になりますが・・・
約35年前に父が同じ病気で手術をしたとき
私は小学校低学年で、記憶はおぼろげですが
行われたのは、開腹による摘出手術でした。
当時はまだ腹腔鏡なんて技術もありませんでしたからね
麻酔も硬膜外麻酔ではなく
術後、数時間おきに注射で痛みの緩和に対応していたようです。
なので父曰く、術後の痛みはそうとう辛かったそう
とうぜん入院期間も長かったですね
(胃潰瘍の胃切除もあったので)
復職するまでに3~4か月くらいかかったように覚えています。

それから比べると現在の医学の進歩たるや!
お腹の傷は大きくても2センチ程度×4箇所だけ。
手術した翌日には歩けますし
入院期間は5日(日帰りで出来る病院もあるそうです)
硬膜外麻酔のおかげで
痛みでのたうちまわることもありませんでした。
今回、信頼する医師のもとに高度医療の恩恵を受けられて
再び健康を取り戻すことができて良かったな~と
しみじみ思った訳です

というわけでぺろりの胆嚢結石のお話これにてThe end
スポンサーサイト

2015. 05. 28

術後13日 (術後約2週間)

手術後はじめての遠出
仕事の用事で市外へ出かける@電車

お腹の痛みはもう何もしなければ無いです
痛み止めはもう飲んでません
傷口に負荷がかかると痛いですが・・・
なのでまだ怖くてGパンは履けません
人にぶつかったりカバンがぶつかったりするのが嫌だなと思い
腹帯をしてマキシロングワンピースで仕事に行きました。

駅から目的の場所までは歩いて15分程度なのですが
体はまだっけっこう疲れやすく
途中で立ち止まって休みながら歩きました

2015. 05. 22

手術までのこと

2010年3月
記憶にある最後の疝痛発作(おそらく)
(これ以前にも何度か、原因不明の腹痛?胃痛?があった記憶アリ)
夜中じゅう息を吸っても吐いても痛くて痛くて汗だく
救急車呼ぶ?とか思ったけど、でもたしかその前の月に
相方が酔っぱらって風呂場で転倒、気を失ってそのときに救急車を呼んだので
またあの家か!とかなるのぜったい嫌だったし(-_-;)
それでなんとか根性で朝まで痛みをこらえたんだ。
翌朝、念のため近くの内科にかかってみると
「どうやら症状からして胆石の痛みに違いないので
近いうちに大きい病院で受診しなさい」 と言われました。
でもすっかり痛みがなくなっちゃったのと
まさか自分が~??? なんて思ってそのまま→放置

2012年6月
会社の人間ドックでエコー画像にはじめてソレ(胆石)が写る
検査結果:胆嚢結石
コメント欄:胆嚢コメット様エコー像(要再検査)

あ、あこれやっぱアカンやつかー(-_-;)
じつは、ぺろり父も胆石摘出してるんですよ
だから2010年の発作のとき、ソレかなーってうすうす思ってたんですけどね
とうとうエコーに写っちゃったんです
でも、コメットってことは石が細かいわけでしょ?
だからまだ大丈夫なんじゃない?
と勝手に判断→放置

2013年6月
会社の人間ドックで1年ぶりエコー検査 やはりソレ(胆石)が写る
検査結果:胆嚢結石
      :胆嚢腺筋腫症(疑)
コメント欄:要再検査

しかも、なんか病名増えてるし(-_-;)
ようやく再検査を受ける覚悟を決める

2013年11月
再検査で外科医より
「手術を受けるレベルの胆石症」との診断
ガーーーーン  (゚口゚;)マジデ?
腹切りなんて嫌だよ~
まー実際のエコー画像に写ってるしね、間違いないわけで
それで手術を視野いれた今後の治療を最寄の大学病院ですることに決めた。

2013年12月
某大学病院にて初診
腹部エコー/CT/MRI
検査結果:胆嚢結石
      :胆嚢腺筋腫症

ちょっと大きめの石が2個みえるのと
それ以外にコメット(砂利様)の石が胆嚢の1/3程度溜まってる状態
やはりこちらの大学病院でも
「過去に疝痛発作を経験してるので手術による摘出が必要なレベル」との診断。
ただしこの主治医があまり積極的に手術を勧めるタイプではないのと
わたしの症状(*)からして緊急性が低いのでしばらく様子見することに。

(*)2010年3月以来、ラッキーなことにそれらしい激痛に遭遇してないのです
まぁ、胆石を意識してからは油もの控えるとか日々それなりに節制してましたからね
痛いの嫌だし(^_^;)

2014年8月
会社の人間ドック(腹部エコー)にて
検査結果:胆嚢結石
      :胆嚢腺筋腫症(疑)
      :総胆管拡張

あれれ、総胆管拡張って、なんか今までと違う状態に???(´Д`|||)

2015年3月
8月の総胆管拡張が気になってたし
大学病院で経過観察となって1年経過したので再検査
腹部エコー/CT/MRI
検査結果:胆嚢結石
      :胆嚢腺筋腫症

ちょっと大きめの石が3個みえるのと
それ以外にコメット(砂利様)の石が胆嚢の2/3ほど溜まってる状態
あれ~なんか、素人の私がみても明らかに石ちゃんたち増えてるやーん (T△T)
ということで→手術決定

2015. 05. 21

術後6日目 (術後約1週間)

職場に復帰しました

徒歩5分通勤&デスクワークです
しかも服装はカジュアルOK

歩いたりして振動があるとまだ内臓全体と術創が痛いので
痛み止め(ロキソニン)は飲んでます
服(ジーパン)のウェスト部分が当たったりするのも痛いので
腹帯してゆるっとしたロングのワンピース(マキシスカート)で
仕事に行きました

久しぶりの仕事、やっぱり8時間勤務は疲れたな―(^_^;)

2015. 05. 18

術後3日目 (入院5日目)

今日は退院予定だ

06:00 起床・検温・採血
朝起きたら、ずいぶんお腹の痛みが和らいでる~♪
なんか昨日よりすごくスッキリしてるよ、自分
ロキソニンが効いたのと痛みに馴れてきたのかな

08:30 朝食
day5_morning
朝ごはんは今日も地味なんだな

09:00 回診
今朝の採血も問題無しとのこと
今日退院OKです、と
ヤッター
病棟の先生に術創のガーゼをはがしてもらう
もうテープしかついてない
(腹帯はまだ巻いてます)

10:30 退院
妹が迎えにきてくれた
病棟の看護師さんに挨拶をして帰宅

まだ術は痛むけれど(くしゃみや咳が一番嫌(>_<)
家事一般の動作をするには支障ないです
家に帰って一休みしてから、洗濯物なんかを片づけた
ほんの丸一日寝たきりだっただけだけど体力は落ちたみたいで
疲れるな~
夜ごはんのおかずを母がもって来てくれた。助かります、母アリガトー

家に帰ってきて安心したのか家に帰ったとたん術後はじめてのお通じアリ
退院時に看護師さんから「次の外来診察まではシャワーのみOK」と言われたので
シャワーも浴びました
でもまだ術創にバシャバシャお湯を掛けるのが怖かったので
前かがみになってお腹にお湯がかからないようにシャワーを浴びました^^;
だって、わたしビビリーなんですもの

夕食後にロキソニンを服用して就寝

続きを見るのページにお腹の写真貼っときました
恥ずかしーけどー
ずんどうだけどー
これも記念っちゅうことで(笑)

続きを読む »

 | ホーム |  »

ブログ内検索

 

プロフィール

ぺろり

Author:ぺろり
只今、腰痛症のリハビリ中デス

 

コナさんのお誕生日

 

リンク

 

ド~ナツ同盟♪

コナバナー

 

お友達集まれ♪

ドーナツ同盟
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。